叙情詩
If the doors of perception were cleansed, every thing will appear to man as it is, infinite.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
BLEW
先日発売され(色んな意味で)話題を集めているドリンク、
『ファイナルファンタジーXIIポーション』
img10392203457.jpg
スクウェア・エニックスの人気ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズに登場する、
体力回復アイテム「ポーション」をイメージしたという清涼飲料水だ。
エルダー、カモミール、マンネンロウ、メリッサなど、10種類のハーブ素材を配合し、
更にFINAL FANTASY XII開発スタッフの監修の下で作られたとの触れ込み付き。

さて、このポーションが投げ掛けた波紋は味の是非だけではない。もっと根源に迫る問い、
つまり、「ファイナルファンタジーシリーズに於けるポーションとは一体どんなものなのか?」
ということである。
液状なのか、粉状なのか。錠剤やカプセルなのか。
それとも塗り薬や体内に注入するタイプなのか…。
無論、ファイナルファンタジーはゲームであり、バーチャルであるので答えはない。
しかし、このポーションの発売は謀らずしも、製作者側のイメージや世界観について、
改めて目が向けられる機会を作ったのではないだろうか?
 
[READ MORE...]
スポンサーサイト
【2006/03/15 09:56】 日記、駄文 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。