叙情詩
If the doors of perception were cleansed, every thing will appear to man as it is, infinite.
PROFILE
Я
  • Author:Я
  • スタンド名Я
    破壊力
    スピード
    射程距離
    持続力
    精密動作性
    成長性

  • RSS


  • CALENDAR
    06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • BLEW(03/15)
  • Air(01/11)
  • Smoke On the Water (12/14)
  • Strawberry Fields Forever (12/08)
  • STAY GOLD (11/29)


  • RECENT COMMENTS
  • くるみ(03/24)
  • McCoy(03/15)
  • Я(01/19)
  • McCoy(11/22)
  • Я(10/12)
  • beo(08/24)
  • Я(08/23)


  • RECENT TRACKBACKS
  • MCCONGA FEELING:隠されていたもの。(12/18)
  • 今そこに在る風景:貧困撲滅を掲げた白い腕輪(08/29)
  • 今そこに在る風景:なぜなにどうして(08/19)
  • ベストヒット.jp!!:【Check it!】 Mr.Children 「アイ ラブ ユー」(08/05)
  • 出版社で働く平社員の日記:ホワイトバンド、出版社で働く平社員もやっぱりほっとけない。(08/04)


  • ARCHIVES
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (5)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年07月 (1)


  • CATEGORY
  • 未分類 (0)
  • 日記、駄文 (17)
  • 音楽 (2)
  • 読み物 (1)


  • LINKS
  • 今そこに在る風景
  • MCCONGA FEELING


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    STAY GOLD
    「バンやろ」こと「バンドやろうぜ」という雑誌を知っていますか?
    昨年、2004年6月を以って惜しまれつつも廃刊になってしまった、バンドマン向けの音楽雑誌です。
    今バンドをやっている、または昔やっていた人の中にも、
    この雑誌のお世話になったという人は多く居ると思います。
    そして、俺もその中の1人でした。

    中学・高校と、色々な音楽雑誌に目を通して来た中で最も親切で、
    初心者から上級者まで幅広く利用出来ると思ったのが、この「バンドやろうぜ」でした。
    ギターのスコアはブロック毎に分けられ、1ブロックずつ解説されていて、
    時にはそのスコアを演奏し、収録したものがCDとして付属していた事もあったし、
    アーティストへのインタビューなどの記事も、レコーディングやツアーで使用した機材の紹介などもあって、初心者からマニアックな人まで楽しめるものだった。
    また、メンバー募集(通称"メンボ")には結構なページが割かれ、全国余す事なく掲載されていて、
    このメンボのお世話になったというバンドマンは多く居るのではないだろうか?(俺もその1人だが…)
    中でも、インディーズの様々なバンドの音源を収録したCDが付属している月は良かった。
    色々なバンドを知るキッカケになり、さらにそれを足掛かりに自分の世界を広げる事が出来たから。

    そう、この「バンドやろうぜ」という雑誌は、
    まさに俺のバンドマンとしての人生を共に歩んで来たと言っても過言ではない雑誌なのだ。
     
    さて、そんな高校時代の俺のバイブル、「バンドやろうぜ」。
    その中で、俺が実は密かに楽しみにしていたコーナーがある。
    それは"コラム"だ。
    「SHAKALABBITS」のKINGや「Psycho le Cému」のLida、「蜉蝣」のユアナ等など、
    4~5のバンドのメンバーが書くコラムが一斉に掲載されていたのだが、
    中でも俺が最も楽しみにしていたのが、イノマーという人が書いていたコラムである。
    彼は「オナニーマシーン」(通称"オナマシ")というバンドのベース&ボーカルであり、
    ライターでもある。
    そんな訳でか、彼だけ特別に1ページ分丸々スペースを与えられていた。

    コラムのタイトルは「僕のチンポを知りませんか?」
    のっけから衝撃的である。 まぁ、バンド名が「オナニーマシーン」なので、そう驚く事でも無いが。
    で、その内容だが…下らないっつーか、馬鹿っつーか。
    エロと酒と持病のアトピーと女にフラれた話くらいしかしてねーんじゃねぇか?ってくらい。
    しかも、エロって言ってもセックスとかじゃなくて、オナニーとAVの話だしねw
    「30過ぎたオッサンのやる事じゃねぇだろうw」みたいな。
    でも、何故か読み進めるにつれて、胸中に訴えかけるモノがあって…。
    忘れかけてたものを思い出させてくれたりなんかもして。

    最初はもっと他のヤツにスペースあげれば良いのに、と思っていたが、
    2~3回読んだ後には、俺にとって「バンやろ」に無くてはならないモノになっていた。
    彼のコラムを読みたいが為に、バックナンバー漁ったりもしたしなぁ…。
    この記事を書くにあたって、彼のコラムについてネットで調べてみた。
    が、殆ど何にも引っ掛からない所を見ると、後に書籍化されたという事も無いようだ…。
    残念でならない。

    オナニーマシーンは相変わらずな感じで活動を続けているようだし、
    イノマーは音楽以外の事でも色々と活動しているようだ。
    AV監督とか。(何でやねん
    また、ミリオン出版の『URECCO』という雑誌で連載も始まったようだ。
    本業も疎かにはしてないようでホッとしました。
    …ところで、そんな雑誌聞いた事ないんですけど、エロ本ですかね?

    高校時代、そしてバンドマンとしての生活を共にした「バンやろ」。
    もしも、この雑誌が復活する日が来たなら、是非ともまた、彼のコラムを連載して貰いたい。
    あの頃の俺と同じように、今のバンドをしてる中高生が「バンやろ」を手に取り、
    そして、彼のコラムの隠れファンが増えてくれれば、嬉しい。
    (表立って好きって言えるような内容じゃ無いしねw)
    スポンサーサイト
    【2005/11/29 12:41】 日記、駄文 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://untermrad.blog17.fc2.com/tb.php/25-3af95de3


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。