叙情詩
If the doors of perception were cleansed, every thing will appear to man as it is, infinite.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
BLEW
先日発売され(色んな意味で)話題を集めているドリンク、
『ファイナルファンタジーXIIポーション』
img10392203457.jpg
スクウェア・エニックスの人気ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズに登場する、
体力回復アイテム「ポーション」をイメージしたという清涼飲料水だ。
エルダー、カモミール、マンネンロウ、メリッサなど、10種類のハーブ素材を配合し、
更にFINAL FANTASY XII開発スタッフの監修の下で作られたとの触れ込み付き。

さて、このポーションが投げ掛けた波紋は味の是非だけではない。もっと根源に迫る問い、
つまり、「ファイナルファンタジーシリーズに於けるポーションとは一体どんなものなのか?」
ということである。
液状なのか、粉状なのか。錠剤やカプセルなのか。
それとも塗り薬や体内に注入するタイプなのか…。
無論、ファイナルファンタジーはゲームであり、バーチャルであるので答えはない。
しかし、このポーションの発売は謀らずしも、製作者側のイメージや世界観について、
改めて目が向けられる機会を作ったのではないだろうか?
 
ファイナルファンタジー内のポーションがどんな物かを知るには、製作者側に尋ねる以外に無い。
しかし、ゲームの世界観や神秘性の保持などを考えると、明確な返答は期待出来ないだろう。
そこで、ここではファイナルファンタジー内に登場するポーションのモチーフについて迫ってみよう。

そもそも、本来ポーションとは何なのか?
まず、今日のポーション(potion)という語が持つ意味を調べてみた。
po・tion
【名詞】(毒薬・霊薬などの)水薬; (その)一服。
【POISON】 と同語源。
              ―――――新英和中辞典 第6版(研究社)より引用

次に、その背景などをより詳しく知る為にWikipediaを参照した。
上記で引用した部分を避け、箇条書きにしてみる。

・ポーションとは「魔法使いや妖術師、魔女によって作られた伝説上の調合薬」とされている。
・さまざまな種類のポーションが存在する(惚れ薬など)。
・飲料、水薬、毒を意味するラテン語のpotioやpotionisを語源として持つ。
・ポーションに関連する項目としては錬金術などがある。
・19世紀に一部の国で病気や痛みなどを治癒する薬としてポーションを売り歩く
 にせ医者が存在した事から、いつしかにせ医者の薬と評された。
・後に特許医薬品と呼ばれ、知られるようになった。


辞書に於いても「水薬」と表記され飲料・水薬などの語源を持つ事から見ても、
本来のポーションが液状である可能性は濃厚だ。
しかし、伝説としては調合薬としか表記されておらず、その実態は謎である。
さて、言葉が派生するように、伝説というのも語源を1つにしながら派生する事が多く見受けられる。
そこで類似性の高い伝説上の薬を探してみた。
それぞれの説明を載せると長くなるので、詳細についてはリンク先を一読して頂きたい。

ソーマ
ネクター
・仙丹(金丹)
変若水(おちみず、をちみづ)

ポーションの効能が病気や痛みの治癒、媚薬としてであるのに対し、
上記の霊薬の効力は不老不死などであるため、これらが同一のものである可能性は低い。
これらの霊薬は寧ろ、錬金術に於いてはエリクサーに相当するのではないだろうか。
しかし、ここで注目したいのは、その殆どが液状のものであるという事だ。
仙丹(金丹) については参考資料が乏しく、詳細については不明だが、
残りの3つに関しては水薬、または液状のものであると書かれている。
つまり、今日伝説上の霊薬とされている物の原型が存在した時代は、
水薬が主流であったという事ではないだろうか?
ポーションと同時代に精製されていたエリクサーが「乾いた粉」という語源を持つので、
そう決め付けるのは早計ではあるが…。
しかし、粉薬という事は溶かして服用するという可能性もある訳だ。

何百、何千という前の年月の事の真偽を確かめるのは不可能に近い。
まして、実在しないかもしれない薬についてなど困難を極める。
これ以上の真実の追求については難しいので、この辺りで勘弁して頂くとして、
最後に一言、俺なりの結論を出しておこう。

ポーションは多分、液状。
スポンサーサイト
【2006/03/15 09:56】 日記、駄文 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

この記事に対するコメント
あの~
お互いに記事を書き始めたとおもったらこれですかw
アクセス履歴が一番うえに来てるから何だと見たらねぇ。
多分トラックバックしないよ。
【2006/03/15 18:11】 URL | McCoy #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://untermrad.blog17.fc2.com/tb.php/32-5ce512f9


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。